カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワー」ってなに?「プリザーブド(preserved)」とは、英語で「保存された」という意味。
生花に、オーガニック素材の着色料などを混ぜ合わせた特殊な薬液を吸収させ、保存加工したものです。

植物の持つ本来の力で薬液を吸い上げるため、見た目の美しさはもちろん、自然な色合いを保つこ とができ、さらに触ってもやわらかく、まるで生花そのものです。
保管状態さえよければ、みずみずしさを保ち続けるという、まさに「魔法の花」なのです。

プリザーブドフラワーの歴史

この技術は1991年フランスで誕生しました。
まだまだ歴史が浅く発展途上ですが、バラやカーネーションなどの花の他、葉もの、実ものなど、新製品の開発が進んでいます。
日本では、バラのプリザーブドフラワーが需要の9割以上を占めると言われています。

プリザーブドフラワーの特徴

  • 保存状態に気を付ければ、2〜3年はそのままの状態を保つことができます。
  • 人体に有害な物質は一切使われていません。
  • 水やりなどのお手入れは一切必要ありません。
  • 花粉アレルギーの心配はありません。

プリザーブドフラワーならではのアレンジ

「プリザーブドフラワー」の魅力のひとつに、生花では出会えない ”色 ”があります。
鮮やかな色彩は、お花という域を超えた存在感を放ちます。
色鮮やかな、プリザーブドフラワーならではのアレンジメントのご紹介です。

  • クラシカル ピンク

    クラシカル ピンク

    スッと伸びた花器の上で、ピンク色の花たちが咲き揃いました。
    中央の大きく咲いたバラは2輪のバラから作られた「リリメリア」。

    詳しく見る
  • フレッシュ オレンジ

    フレッシュ オレンジ

    思わず食べてしまいそうな、フルーティーなミニカップアレンジ。
    オレンジのスライス、砂糖をまぶしたような大粒のベリーが、さらに、リアルさを演出してくれます。

    詳しく見る
  • クリア シトリン

    クリア シトリン

    黄色は黄色でも、レモンイエローのようなスカッとした色合い。その爽やかな色合いに合わせたガラス製の花器は、側面に「獅子のレリーフ」をあしらった、凝った作りのアレンジです。

    詳しく見る
  • ピッコロ アップル

    ピッコロ アップル

    ベージュのミニバラ3輪をかわいいミニリンゴ、黄色いコロコロのビリーボタンたちが囲んで、いっそう可愛いらしいアレンジに仕上がりました。

    詳しく見る
  • カスピアン ブルー

    カスピアン ブルー

    涼をもとめる季節に最適なアレンジです。まるで海の青を切りとったような軽やかで澄んだブルーのバラたち。

    詳しく見る
  • ローズ ロマネスク

    ローズ ロマネスク

    まるでシャクヤクのような大きな花1輪。
    じつは深い赤紫色のバラ2輪で作り上げた「リリメリア」なのです。

    詳しく見る